そもそも、おねしょって?




産まれたての赤ちゃんは、オムツを開くたびにおしっこで濡れています。
これは、まだ「おしっこをためておく」機能ができていないから。

・・・店主の子どもは、新生児のとき泣いておなかに力が入った瞬間おしっこが出て(本人の)顔にかかり、パニックになってました(苦笑)
要は「出そう」と思って出すのではなく「出てしまう」ものなんです。

そして成長と共に神経が発達して、(おしっこしたくなったな…)と尿意を感じるようになり、3〜4歳くらいになったら昼間は「おしっこ出る!」と自分の意思でトイレに行くようになります。

おしっこを貯めておく膀胱(ぼうこう)も大きくなりますので、長時間がまんできるようになってきます。
それと同時に、ホルモンの働きで寝ている間に体の中で作られるおしっこの量が減ります。


つまり、
  ・尿意を感じることができる
  ・膀胱が大きくなる
  ・睡眠中におしっこを濃くして量を減らすホルモンが出る

・・・という機能が体の成長と共に揃ってくる4〜5歳ごろまでは、夜寝ている間におしっこをしてもまだ「おねしょ」。
しょうがない段階ということなんです。

ではそれを過ぎてもおねしょが治まらない場合は・・・?
「夜尿症」という名前がついた病気の可能性も考える必要があります。


そして、ちょっと難しい話なのですが「夜尿症」は「症候群」なのだそうです。
症候群(しょうこうぐん)とは、原因不明ながら共通の病態(自他覚症状・検査所見・画像所見など)を示す患者が多い場合に、そのような症状の集まりにとりあえず名をつけ、扱いやすくしたものである。
(出典:Wikipedia)


言い換えると「症候群」というのは、「原因は色々あるけど同じ症状をくくるために名前をつけたもの」です。
夜尿症はほとんどのケースでは体の未発達が原因で、成長とともに治りますが、精神的なことが原因だったり、先天的な病気(神経やホルモン、尿路の異常などなど)が夜尿という症状になって現れる場合もあります。
昼間の尿漏れや、他にも気になる症状があれば、泌尿器科などの病院を受診されるのがいいと思います。
又、全然おねしょしなかった子がいきなりするようになった!という場合は精神的な原因が考えられるそうです。

小学生でもおねしょっ子は結構いますが、いつまで続くの?と不安になったらお医者さんに相談してみてください。

おねしょ(夜尿症)の相談先は、こちらから。

た・だ・し。
ほとんどの子は成長とともに回数が減り、量が減り、気づいたら卒業していきます。
子どもの成長には個人差があります。
例えば背が伸びる時期だって人それぞれ。兄弟であってもぜんぜん違います。
「基本」の姿勢としては、子どもの個性を見守って、寄り添ってあげましょうね( ´ー`)
寝る前の3時間程度、お味噌汁や牛乳、お茶などの水分をできるだけ控え、のどが渇いたときには氷をなめるだけにするだけでも改善するケースがあるそうです。
まずは水分のとり方と生活習慣を見直すことから始めましょう^^


○参考○
おねしょっ子の生活改善
おねしょっ子のメンタルケア

     おねしょ 泣き顔 おねしょ布団
 

<大人の女性の方>

出産前後に骨盤底筋がゆるんで、尿漏れすることもあります。
(骨盤底筋:ハンモックのように骨盤内の臓器、膀胱、膣、子宮、直腸などを下から支え、尿道や膣、肛門を締める役割を果たす重要な筋肉。)
店主は1人目出産後に骨盤周りの筋肉がゆるんで腰痛、尿漏れも経験しました。 病院で聞いてみたら、「負担にならない程度に骨盤底筋を鍛えましょうね〜」と言われました。

運動方法のDVDなども出てますが、立ち仕事をしながらフラフープを回す要領でゆっくり腰を回すだけでも効果がありますよ。
お腹も引き締まって一石二鳥です^^
症状が気になる方はお医者さんに相談してくださいね。

 

<肥満ぎみな方>

上記の女性のケース同様、骨盤底筋がゆるむ場合があります。
まずは泌尿器科などのお医者様に相談してみてくださいね。
 


<持病があって薬を常用している方>

薬の副作用ということも考えられます。かかりつけのお医者様に相談してみてくださいね。

カテゴリーから探す

2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
営業日の午後2時までに頂いた御注文は、在庫あるものはその日のうちに出荷致します。 *もし、お泊りが近い!などの理由でお急ぎの方はお知らせください。 できるだけ対応させて頂きたいと思います。 お支払方法「前払い」をご選択の方は、ご入金後となります。

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

和田

小学校に入っても意外と多いおねしょさん。
毎日のお洗濯が大変、つい叱りすぎて落ち込んだ・・・そんなお母さんたち。
症状が心配なときはお医者様に相談しつつ、にっこり、ゆったり、ぐっすりのおねしょ生活を送りませんか?