冬は重ねばきで♪ 身長140〜150cm おねしょガード・ズボン(ハーフパンツ)



2016年、お客様のご要望を受けて、ウエスト漏れをさらに防ぐために股上が3cm程度深くなりました!
寝る時にはおへそが隠れるように少し引っ張り上げて安心感アップ。


2014年8月、「吸水・防水ズボン」が素材・形をリニューアル!
「おねしょガード・ズボン」という名前になりました。
長ズボンタイプも販売しています。
ハーフパンツをお買い求めの方は、寒い季節はズボンを重ね履きしたりレッグウォーマーなどを使ってひざ下が冷えないようにお気を付け下さい^^






おねしょバイバイ.com独自企画の商品、『おねしょを吸って、止める 吸水と防水を組み合わせたパジャマズボン』です。特許申請中♪
*スパッツのようにぴったりするシルエットではなく、横に余裕のあるズボンです。

尿量が多い場合はおねしょパンツや紙オムツなどと組み合わせたりする必要がありますが、少量ならこれのみで吸収し、さらにお布団への被害を防ぎます。



☆おすすめポイント☆

○シンプルなデザイン
 ・「目立たないこと・人目をひかないこと」を第一に考えました。
 ・外見は、どこにでもあるハーフパンツ風。
  分厚い吸収体を使っていないので、モコモコしていません。
  干していても「おねしょ対策」とは思われないでしょう^^
 ・色は性別を問わない黒。
 ・股上を深めに取り、おへその上までカバー。ウエストからのもれを最小限に抑えます。
 ・熱がこもりにくく優しい履き心地なので、真夏でも普段着にしてしまうお子さん続出(笑)。


うしろ姿です(おねしょボクサーパンツの上から履いてます)。

おねしょガードズボン 後姿


Tシャツと組み合わせての後姿。
おねしょガードズボン 着用図




○こだわりの生地
 ・特殊な国産生地を2枚重ねで使用。
  表地:防水透湿素材。水を弾き、湿気は逃がします。
     薄手のものを使用しているので熱がこもりにくく快適です。
  裏地:吸水・速乾性、消臭効果も併せ持つレーヨン+拡散性に優れたポリエステルの特殊構造糸を使用した生地。
     洗濯しても効果は変わりません。
     毛足の短い爽やかなパイル地は、優しい肌触り。
     着る人が熟睡できるよう厳選した素材です。
     (ぐっすり寝るのはおねしょ卒業の近道です♪) 
  

生地拡大写真(表)
おねしょガードズボン 表生地拡大

生地拡大写真(裏)
おねしょガードズボン 裏生地拡大

○長く使える(=使うほどお得、地球にもやさしい^^)
 ・洗濯して繰り返し使用できます。
 ・ウエストゴム交換穴があるので、体型に応じて調節できます。
  (フィットすることでウエストからのもれを防ぎます)
  又、成長してきつくなった時や毎日の洗濯でゴムが伸びた時に簡単に調節できます。
 ・ひざ丈なので身長が伸びても融通がききます。

○扱いが楽
 ・汚れをざっとすすいだらネットに入れて洗濯機へ。
 ・分厚い吸収体を使っていないので、普通の洗濯ものが乾く条件であれば1日で乾きます。


■サイズ■
               
120-130cm 140-150cm S
ウエスト 52〜62cm 57〜70cm 62〜75cm
ヒップ 〜84cm 〜89cm 〜94cm
股下14cm 16cm 18cm


*お値段が高めになりますがMサイズ以上のご購入も可能ですので、お問い合わせ下さい。


■素 材■
表地(防水布):ポリエステル100%(ポリウレタンラミネート)
裏地(吸収) :レーヨン62% ポリエステル38%
        *レーヨン混ですが、洗濯しても縮みません。


■日本製 Made in Japan■


■使用方法■
1. 紙オムツかおねしょパンツをはきます。
 *尿量が少ない方は不要です。
2. おねしょガードズボンをはきます。
3. シャツのすそは、ズボンの中から出しておきます。
(そうしないと、すそから上半身が濡れてしまいます。)
4. ぐっすりお休みなさい。


◆お客様の声◆
こんにちは。2014年8月以前の「吸水・防水ズボン(現在のおねしょガードズボン)」を買っていたものです。
あれはたしか、息子が小学5年生の2013年の春でした。
夏の海の旅のお泊りの前にすがる思いで貴社のズボンを買いました。 ...(続きを読む)



冬は重ねばきで♪ 身長140〜150cm おねしょガード・ズボン(ハーフパンツ)
販売価格 5,600円(内税)
型番 OB-HP44
定価 8,000円(内税)

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

和田

小学校に入っても意外と多いおねしょさん。
毎日のお洗濯が大変、つい叱りすぎて落ち込んだ・・・そんなお母さんたち。
症状が心配なときはお医者様に相談しつつ、にっこり、ゆったり、ぐっすりのおねしょ生活を送りませんか?